(1)頸椎
 ナマケモノの仲間,カイギュウ類(6〜9個)に例外はあるが,哺乳類は7個の頸椎をもつ。

・頸椎の特徴
 頚椎では横突起の先端が二分しており,前部を前結節,後部を後結節という。両結節の間には横突孔がある。
・項靭帯
頸椎部では棘上靭帯にあたるものを項靭帯と呼び,四足獣ではよく発達している。
・頸椎の横突起と胸椎+肋骨との相同
 胸椎の横突起の長さで肋骨を切り落した状態を考えてみると、肋骨は頚椎での前結節に、胸椎の横突起は頚椎の後結節、そして胸椎横突起と肋骨が囲む穴は頚椎の横突孔に相当することが分かる。
・横突孔
 椎骨動・静脈が通る。ただし,椎骨動脈は第7頚椎の横突孔を通らずに第6頚椎横突孔から入る。椎骨動脈は環椎の横突孔を抜けて大後頭孔に入り,左右が合流して脳底動脈となる。
頚椎の伸展,同側側屈,両側の回旋によって椎骨動脈
は圧迫をうける。

環椎と軸椎
・基本形態の胸椎との相違
 環椎には椎体に相当する部が無く,軸椎には椎体の上に歯突起がある。この歯突起が、本来は環椎の椎体であった。発生の途中で環椎の椎体となるべきものが軸椎の椎体と癒合したものである。火葬後に骨を骨壷に納める際に「ホトケサマ」と称して故人の胡坐をかいている姿にたとえられるものがこの軸椎である。
・環椎十字靭帯
環椎横靭帯+縦束
・環椎の上下
 環椎には後頭骨の後頭顆と関節するための上関節窩と軸椎の上関節突起と関節するための下関節窩がある。上関節窩は瓢箪形をしている。
環軸関節には正中環軸関節外側環軸関節がある。
・頸椎の運動
側屈 
 環軸関節での動きはない。環椎後頭関節で3゜,軸椎と第3頚椎の椎間関節で5゜の合計8゜である。
これに下位頚椎の椎間関節での運動を合わせて45゜の側屈運動ができる。
屈曲・伸展
 環椎後頭関節で15゜づつの屈曲,伸展ができる。これに環軸関節(外側・正中環軸関節)での運動が加わり,上位頚椎で20〜30゜の屈曲・伸展運動ができる。
さらに,下位頚椎での運動がくわわり,屈曲・伸展運動の合計は130゜(歯列の咬合面を規準として)となる。
回旋(Noサイン)
 環椎後頭関節で12゜,環軸関節(外側・正中環軸関節)で12゜。
下位頚椎の椎間関節での運動と合わせて,合計80〜90゜の一側への回旋運動ができる。
・第六頸椎にある結節はなんと呼ばれるか。
頸動脈結節。
・(C7) の棘突起は頸椎の下部で特によく触れることができ、隆椎と呼ばれる。
・頸肋
 魚の脊柱で分かるように,脊椎動物の基本型では,肋骨は胸部に限らず首から腰の脊柱にわたって存在している。ヒトでもこの頚部の肋骨,腰部の肋骨の名残がときどき出現することがある。頚椎の前結節は肋骨の名残であるから,この前結節が長い状態で存在するものを頚肋という。通常は第7頚椎に出現する。第1肋骨(肋軟骨)と癒合することがあり,この場合は腕神経叢を圧迫して神経障害を起こすことがある。

(2)胸椎
胸椎の特徴
・肋骨窩
 第1(2)〜第9(10)胸椎は椎体の側面の後方に上下に一つずつ(計2個)の半円形の肋骨窩を持つ(第1胸椎の上肋骨窩は円形)。
第10〜第12胸椎には円形の肋骨窩を一つ持つ(第10胸椎の上肋骨窩は半円形)。
・肋椎関節の種類
 肋骨頭関節と肋横突関節の2種類がある。

(3)腰椎
・腰椎の特徴
 椎体から側方に本来の肋骨である肋骨突起が張り出している。
・副突起と乳頭突起
 肋骨突起の根元で後面には下方に向かう副突起が上関節突起の外側からは後方に向かう乳頭突起が張り出しているが、これらが本来の横突起とされている。
・腰肋
 肋骨突起が腰椎と分離していることが、第1腰椎まれに第2腰椎にみられ、これを腰肋という。

(4)仙骨
・仙骨後面には正中・中間・外側仙骨稜の3種類5列の縦走する稜線がある。
正中仙骨稜
5つの仙椎の棘突起と棘間靭帯が骨性癒合したものである。
中間仙骨稜(正中仙骨稜の外側)
 関節突起が癒合したものである。
外側仙骨稜(中間仙骨稜の外側)
 横突起の癒合によって生じたものである。
・横線
 仙骨の前面には4本の横に走る竹の節のような稜線がある。これは椎体が合したものである。
・仙腸関節をなす面をなんと言うか?
耳状面

(5)尾骨
・尾椎の数
 ヒトでは3〜6個の尾椎がある。この数の変異のためヒトの骨の数は約200個というように概数でしか表せない。

HOME

ロックバンド ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco